【会社は学校じゃねぇんだよ】という動画がメチャ面白い

2018年5月26日

AbemaTVのオリジナルドラマ【会社は学校じゃねぇんだよ】がかなり面白い。
是非一度見てほしい。

Youtubeで1話から5話まで公開されている。
(1)https://youtu.be/jTOM8J4-LjE
(2)https://youtu.be/WBhuXUF7TdA
(3)https://youtu.be/cgmEo1PhbhI
(4)https://youtu.be/e2dqYM9nOak
(5)https://youtu.be/Q9Kgu5j4GyM
それ以降はAbemaTVで見れる。

何が面白いかというと、
とにかく「執念」
これに尽きる。

「頑張った」とか「努力する姿勢がいい」とかそれで褒めてもらえる・評価してもらえるのは、子供の世界。

オトナは「結果」が全て。いくら努力しようが結果が0なら評価は0。

それで社会は褒めてくれないし、評価もしてくれない。価値もない。

結果を出すために地獄の底からでも這い上がってくるような執念。そういったものをまざまざと見せつけてくれて見ていて心地がいい。

【会社は学校じゃねぇんだよ】第1話
IT企業に入社したギャル男はインフルエンサー事業を立ち上げるが…

会社における人材の価値の見方、そして社会の理不尽さを際立たせている。
ドラマとして純粋に面白い。テレビの浅い見識をクサい台詞で垂れ流す三文芝居ドラマ群よりも断然面白い。
(と言ってもこのドラマも後半三文芝居がある。が、それ以前がちゃんとしてるのでそこは目を瞑る)

あと、三浦翔平の顔面がかっこいい。とにかくイケメン。
テレビはそこらへんの路上にいくらでも落ちてるだろレベルの男でもイケメンイケメンとトチ狂ったように言っているが、三浦翔平レベルこそが本物の「イケメン」である。
テレビの奴らは何でもかんでもイケメンイケメンって言い過ぎなので国は難癖つけてテレビ局に追徴課税いっぱい課してほしい。

【会社は学校じゃねぇんだよ】第2話
起業準備スタート!妨害が入り苦戦する出資者探し…

ベンチャー企業の立ち上げ方、資金の調達の仕方などをドラマストーリーの中にゆるく入れてある。こういったものはゆるいけど情報として参考になる人結構いるのでは?

【会社は学校じゃねぇんだよ】第3話
インフルエンサー集めに奔走!鉄平はかつての仲間に声をかけるも苦戦、そして新たな出会いが…

第3話は会社設立の手順がストーリーの中にゆるく入れてある。

会社設立も定款書類の作成も専門知識のある人間でもいないかぎり
「会社設立手続きも受け付けている税理士法人」にまかせたほうがいい。
プロなら一発で通る。10日くらいあれば勝手に設立してくれる。
こんな手続きを素人が一から学習して書類出すのは大いなる時間の無駄使い。お金を払って時間と専門スキルを買う感覚でまかせたほうがいい。

【会社は学校じゃねぇんだよ】第4話
鉄平達は大手企業のコンペに挑戦!ライバルに勝つための秘策として”天才”エンジニアに協力をあおぐが…

普通の薄いドラマなら壁にぶつかった時に奇跡的に運が味方して問題が解決するなんて夢物語が進行するが、このドラマだと問題が発生したらどうすればいいかの打開策・突破策を必死に考えて運ではないちゃんとした解決案で突破しようとしている。
ここの部分がゆるくなく「執念」が見えるので心地よい。

【会社は学校じゃねぇんだよ】第5話
新規事業スタートと同時に問題発生…

第5話から会社の立ち上げ成長ストーリーから規模が大きくなって経済戦争みたいになってきてる。

事業拡大から利益拡大タイプへの転換。

例えばSONYはもともと音響機器の会社として有名だったのが、現在の稼ぎ頭はゲーム事業・金融(ソニー生命とか)・半導体。「金融」は利益拡大目的で参入した分野だろうから元の会社からすると完全に畑違い。
そういう感じのサイファークリエイションの変革期。
でも芯のない行動はかなり危ない行為にみえる。

会社は学校じゃねぇんだよ#6「私の生きている意味 」
5月26日配信

あと。個人的にしか気にならないことだけどもドラマでのあの空撮は何で撮っているのだろう。ヘリじゃなくてクァッドコプター(ドローン)かな?と思ったけどあの高さであの場所でのドローン空撮って許可おりるのだろうか?
気になる。