金額の区切りはいつまで間違いを使うの?10,000,000←2秒で答えよ。

金額の桁、読みづらくないですか?

特に桁数の多い金額を見る・扱う機会が多い経理・会計の立場の方、読みづらくないですか?
プロだから慣れたという方も当然多いかと思いますが、プロじゃないと分かりにくいというのもどうかと思います。
みんなが生活の中で使う数字なので。

100万円だとすると、
¥1,000,000
これです。

1000万円だと
¥10,000,000

この三桁ごとに入る「,」コンマ(カンマ)。区切り符号ですか?
不便。
というか全く役に立っていない。

事前に1000万円と書いているからこの10,000,000が1000万だと分かりますが、

いきなり
10,000,000
と出てきて「これいくら?すぐ答えて。」
と聞かれたら

「え、え、…100…万?」
となるわけです。

で正確にいくらかを確認する時は、
そう、
右から1桁ずつ、
「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくまん、いっせんまん」
「待って、数え間違えたかもしれないからもう一回数えなおす。いち、じゅう、ひゃく………」

なんですか、この無駄。

なぜ、3桁で区切るのかというとこれは欧米の単位にあわせているわけですね。

1セントから始まって100セントは1ドルですね。「3桁」で単位が区切られている。

しかし、日本は1万円から1000万円まで同一単位で10000万円が1億円と「4桁」で区切るんですよ。

日本のお金がドルだったら3桁でいいでしょうが、日本のお金は円です。

ということで4桁にしてみましょう。
1000,0000

カンマの位置が単位の区切り「万」なので見たまんま、1000万です。

では桁数を増やしますよ!

はい、
10,0010,0000
いくら?
2個目の区切りが10なので10億、で1個目の区切りの後が10になっているのでそこは10万。
つまり
10億10万円。

本当の区切りカンマってこういう役割のはずです。

3桁区切りのカンマ、こんな不便なものなぜ使い続けているのでしょう?
どこに言えばいいのだろう。


101,000,102,000円
はい、いくら?
2秒で答えて!