画像の中の文字書き起こし方メモ

画像の中にある文字・文章を簡単にテキストデータとして書き起こしたい。

そんな時は、
Googleの無料サービスを二つ利用して簡単に画像の中の文字をデータとして自動ですぐに書き起こすことが可能。

一つ目は、データの保存や共有に使われている無料オンラインストレージサービス
「Google Drive(グーグルドライブ)」

二つ目は、資料作成などの文章作成・ドキュメント作成ができる無料ソフト
「Googleドキュメント」

この二つを使う。

<画像内の文字をテキストデータとして抽出する方法>

まず、目的の画像をGoogle Drive(グーグルドライブ)にアップロードして、
その画像を右クリックし、「アプリで開く」→Googleドキュメントを開く。

これで画像にある文字をテキストデータとして簡単に抽出できる。

対応している画像ファイル形式は
「PNG」「GIF」「JPEG」「PDF」

これの正確性・精度はもちろん画像の状態による。

コントラストが低いともちろん精度は下がる。
明るさのメリハリがありはっきり読めるほど精度は上がる。

文字の大きさが小さすぎても精度は下がる。
テキストの大きさは10px以上が望ましい。

文字が斜めになっていたりなど歪んでいると精度が下がる。
読みやすい角度に直すと精度が上がる。

クセの強い独特なフォントだと精度が下がる。
一般的なフォント(文字)なら精度に問題ナシ。