あなたの運営してるウェブサイト・ブログの評価を確認する方法

あなたの運営しているwebサイト(ウェブサイト)やブログ、これが検索アルゴリズムでちゃんと良い評価がされているかを確認する方法です。

Googleの検索ロボットに良い評価をされて上位表示されやすいものをちゃんと作れているかを確認します。

基本はGoogleです。
お客さん(ユーザー・ビジター)により多く検索から流入してもらうにはGoogleに好かれる状態にしておく必要があります。

Yahoo!JAPANも検索システムの中身はGoogleなので。
(Yahoo!はGoogleの最新検索アルゴリズムが何ヶ月か遅れて採用されます。つまり結局Google。)

そして、
2018年3月末よりGoogleがモバイルファーストで評価しはじめたらしく、
「モバイルファースト」・「モバイルフレンドリー」なwebサイト(ウェブサイト)やブログがより高く評価されるようになります。

単純に言うと
「スマホに合わせた見やすい作りになっているか」
「スマホですぐに表示されるか」
といった感じです。

スマホに合わせた見やすい作りになっているか

パソコン(PC)ではちゃんと見れるけどスマホではそのままパソコンのページが表示されて見づらい、もしくはスマホでは見れないといった場合は、
評価は「低い」

パソコン(PC)とは別にスマホ用のページが用意されている場合は、
評価は「普通」

「レスポンシブデザイン」でパソコンならパソコン画面サイズに。スマホならスマホ画面サイズに自動で対応できている場合は、
評価は「高い」

これはもともとの作りの問題なので評価を高くしたければレスポンシブデザインにするか、スマホ用のページを用意するかです。新しく作り直したり切り替えるとなると結構な重労働ですが。

そして、
Googleはモバイルフレンドリーか確認できるツールを公開しています。

モバイルフレンドリーテスト
これで確認したいウェブページ・ブログページのURL(アドレス)を入れて確認するだけです。
「このページはモバイル フレンドリーです」と評価されていればとりあえずマイナス評価はされていないということです。

スマホですぐに表示されるか

スマホですぐに表示されるかも評価されます。こっちのほうが手っ取り早く確認できて改善も楽です。

モバイルサイトの速度テスト
目標は4秒以下です。4秒以下なら高評価。

ちなみに全く施策をしていないこのストラテしごとは7秒でした。おっそい!
無料サーバーですし、テンプレートもデフォルトのままの状態なのが影響しているのかもしれません。
ちゃんと運営しているウェブサイトやブログだとおおむね4秒です。

ほか、
PageSpeed Insights
これはモバイルとパソコンそれぞれを100点満点で何点かを評価してくれます。オール100点とれるページはなかなかすごいです。

これらのテストツールで高い評価であればとりあえず検索結果で低い評価はされていないので安心です。

テストツールで低い評価・低い点数が出てしまった場合は、早めに改善することをおすすめします。
Googleのテストツールはテスト結果に基づいて改善の方法をいくつか提案してくれるのでそれに従って改善していきましょう。